舞鶴心身統一合氣道会 掲示板(PC・携帯共通)


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   [絵文字入力]
メッセージ中には参照先URLと同じURLを書き込まないで下さい
参照先
暗証キー     クッキー情報を保存

その5 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 14:01  No.1178    [返信]
明治維新へ命を賭けた青年群像は、陽明学者といわれる人物の影響を受けたと言われています。我が国の陽明学の祖の中江藤樹、左藤一斎、岡山の高梁市が生んだ陽明学者山田方谷はその代表です。我が国における東洋哲学の一人者であります安岡正篤氏は陽明学を立命学として体系づけられ多くの方がまなばれています)
                                                     以上 文責  奥山弘心     

その4 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:57  No.1177    [返信]
心身統一合氣道の創始者藤平光一氏は、「万有を愛護し、万物を育成する天地(宇宙)の心を以て我が心としよう。心身を統一し、天地(宇宙)と一体となることがわが修行の眼目である」を座右の銘としているように、「天地(宇宙)の氣に合する道」これが心身統一合氣道です。しかし、それは正しい體の動かし方、心の持ち方が重要です。心身統一道・心身統一合氣道の修練によって「心が體を動かす」、人間本来持っている素晴らしい能力を導きだそうとします。心身統一道・心身統一合氣道は、真の人間としての人格の涵養を図ることがその心底に潜む理念なのです
(我が国において、徳川家康は関ヶ原の戦いの後、官学として「朱子学」を取り入れました。これは、まさに「意識の教育」の台頭です。しかし、その対岸の思想として位置する「陽明学」は、まさに「無意識の教育」と言っても過言ではないでしょう。

その3 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:54  No.1176    [返信]
特に、幼時からの宇宙感との関わり、宇宙の浩然の「氣」との呼吸力による一体感は、身体的精神的能力に大きな変革を生じさせるとともに子供たちは、大きな自然の流れ、大自然の法則性を身体で覚えていくのです。
このような「無意識の教育」がなされることにより、感性の豊かな人間性が培われ、頭脳の持つ全方向性が花開くことに繋がっていくのです。
 古代ギリシャの都市国家(ポリス)アテネはこのような教育によって、歯が生え換わる時期である7歳から14歳の間に、闘技と群舞により、完全な調和のとれた肉体に鍛え上げることによって、後は、放っておいても上記で述べたようにその頭脳は素晴らしい方向へと展開していくのです。多くの偉人はこのことを学んでいたのです。
 現代は、「意識の教育」が施され、知識が全てであるような教育の方向に向けられていると言っても過言ではありません。この「意識の教育」が強まれば強まるほど、「無意識の教育」は為されなくなっていくのです。
 

その2 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:51  No.1175    [返信]

そこで子供たちは自分の体の動きを通じて、一つの大きな宇宙的運動を体験することで、一種の宇宙的なリズムを自分の身に付けるのです。シュタイナーの言葉を使えば、「生命体」(東洋の霊学でいう「氣」の働き)をそれによって強めたと言えるのです。そして闘技と群舞を学びます。
 その指導の一番の重要視は、呼吸法を通じて、宇宙との一体感の自覚、さらには血液の流れとその役割を学ぶと共に體の仕組みと骨格・筋肉の細部にわたる身体的精神的能力を試されるのです。
 

何故、親と子に心身統一合氣道を伝えるのか 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:48  No.1174    [返信]

日本武道のルーツは、古代ギリシャ、都市国家アテネにあると言われています。すなわちアテネにおける教育にその原点がありますが、特に合氣道(心身統一合氣道)とは密接な関係が存在します。
 人口約二万人の都市国家(ポリス)おいて、多数の偉人を輩出していることは歴史を見ればわかりますが、何故この少ない人口の都市に優秀な人物が多く存在したのか、この事実には、古代ギリシャの教育方法にあると考えられています(ルドルフ・シュタイナー 人智学)。 子供が生まれて7歳になると同時に、ギムナストと呼ばれる今で言う体育の教師に預けられます。すなわち「ギムナストによる教育」です。

第32回関西地区心身統一合氣道体技発表会 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:42  No.1173    [返信]

最後に、藤平先生が、わが国の漢詩の偉大な師、徳富蘇峰の高弟として、その知識を生かして、「誦句集」が存在します。その集大成と云うべきものは、「争わざるの理」であります。このことを理解する一つとして、針ヶ谷夕雲(江戸時代前期に活躍。元は柳生新陰流、後に無住心剣夕雲流を創設。柳生石舟斎・山岡鉄舟をして、その前に立っただけで何も出来なかったと言わしめる)の言葉を伝えました。すなわち、「『勝とう、勝とう、思ってはならない』。自らが『負けるとは何か』、について研究をしなければならない。そして、只、『負けない』とのみ思慮するのであります‥。」この深遠なる一つの言葉に想いを馳せて頂き、今大会に挑戦して頂ければ大変嬉しいことです…と。(針ヶ谷夕雲が、後世に残した言葉と心のありようは、其の弟子の小田切一雲「天真独露」(原漢文)で残されている。(志ある方が居られれば、舞鶴の小さな庵。弘心塾道場で地酒を酌み交わしながら、獲れ獲れの魚を肴にして、「剣法夕雲先生相伝」について、語り合いませんか‥。

第32回関西地区心身統一合氣道体技発表会 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:38  No.1172    [返信]
私は、大会委員長挨拶の中で、四つのことを申し上げました。それは、植芝盛平翁を生涯の師として仰ぎ、翁の伝授されようとした合氣道の真髄を幾多の修行を通じて、悟られた藤平光一先生、それは、真の合氣道とは何か、であります。そして、合氣道界最強のスターとして、わが国は元より、諸外国に広められたこと。その新たに出発としての拠点であった「財団法人氣の研究会」が40年を経た今年3月をもって終焉を迎えました。私達は、この事実を、永遠に伝えていかなければなりません。そして、二代目会長として子息の藤平信一氏が新しい組織造りに果敢に挑戦され一般社団法人心身統一合氣道会として一定の成果を生み出されたことであります。今後の心身統一合氣道の形成発展に、皆さんの力添えが是非必要なのであります。つづく

修練日の表示について 投稿者:弘心 投稿日:2015/06/26(Fri) 13:31  No.1171    [返信]
見ずらいことが在りましたが、管理人(Mさん)の努力で修復して頂きました。ありがとうございました。

平成27年度夏期合宿 投稿者:弘心 投稿日:2015/04/28(Tue) 22:35  No.1161    [返信]
日 時 平成27年7月25日(土)〜26日(日)
場 所 高野山
宿 泊 天徳院
修 練 高野山大学柔道場
詳細は、次回修練日にお渡しします。

東舞鶴教室の修練時間の変更 投稿者:弘心 投稿日:2015/03/30(Mon) 14:05  No.1158    [返信]
4月から東舞鶴教室は、午後6時半から午後8時までの修練と致します。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
記事No 暗証キー


- e-PAD -
Modified by isso